将来、ランボルギーニ・アヴェンタドールに乗ってみたい理由について

ランボルギーニ・アヴェンタドールに乗ってみたいです。
s11
まず、今から24年前の小学校2年生の時に父に見せてもらった車雑誌にランボルギーニが乗っていて、紫色の車がある事を知り、嬉しくなりました。
種類は違いますが、ランボルギーニでした。お金持ちが乗る車で、当時2000万円以上する物だと聞かされ、カッコイイと思ってしまった記憶が今でも心にあります。
今では、約4200万円以上の代物となり、手に届かない所がまた良いのです。

次に、ランボルギーニ・アヴェンタドール「ドラゴンエディション」の場合は少し色は異なりますが、見る角度によって違う配色が楽しめます。
ボルトベローチェボディキットが使用されているので、青紫色~紫色に変化する事が可能です。
本来のランボルギーニよりも馬力があり、軽量化されているので乗りやすいです。
そして、イタリア産と言うのも、車のドイツ産イメージが払拭できて良いと思います。

また、速度も350km/h以上出るので、メーターを見る時に優越感があります。
それから、リアタイヤが露出したデザインやドアがハの字に開く所が素晴らしいです。
しかも、他のランボルギーニ・アヴェンタドールに比べても、タイヤの形が芸術を考えさせられるような独特の歪さを有しています。
s12
また、正面や真上から見るとランボルギーニ・アヴェンタドール「ドラゴンエディション」の外観の美しさが際立って更に良いです。車の取り付け部分も普通の車のような平坦な縱線では無く、織り込まれたような曲線美があるので綺麗です。

最後に、内装も黒でシックに纏まっており、操作も簡単で使いやすいので年を重ねても乗れそうだからです。
また、GACKTさんが乗る程のイケメンな車なので、興味が湧いています。ご近所を一周して、自慢できそうな車だと思います。